観光・貸切タクシー

観光・貸切タクシー

京都市内観光ルートコース

洛東ルートコース

観光シーズン 所要時間 オフシーズン 所要時間
4時間 13,000円 3時間30分 11,500円
  1. ルート
    京都駅~詩仙堂~三千院~寂光院~大徳寺~京都駅
    • 詩仙堂 (新緑の緑の中、サツキ) (秋景色) (冬景色

      静かに訪れたいお寺
      江戸時代初期の武士で徳川家康の側近として活躍した石川丈山。
      59歳の時 詩仙堂を造営、文人として30年余を過ごした・・・
      サツキの刈り込みと凹凸巣が調和した美しい庭園。四季折々の花が咲き花の寺としても有名。
      木漏れ日の中、僧都(そうず)の「カーン」と言う音が、いっそうの静寂感を増します。

    • 三千院 (春景色) (石楠花) (秋景色

      三千院のある大原は比叡山麓の町中から離れた山里です・・・
      寝殿前の瑠璃光庭は東洋の宝石箱と称され、本堂、住生極楽院は、ほの暗い堂内いっぱいに阿弥陀如来を中央に、観音菩薩と勢至菩薩が手を伸ばせばとどくほどの近さにおられます。
      平安の世から千余年の歴史がある静寂の地、大原はやはり美しい。

    • 寂光院 (新緑の景色) (秋景色) (冬景色

      推古2年(594)聖徳太子の創建と伝える。
      のち、平清盛の娘、建礼門院が阿波内侍とここに住み、高倉上皇、我が子安徳天皇と平家一門の冥福を祈ったと云う、平家物語ゆかりの寺・・・
      平成12年火災により焼失・・・幾多の苦難から平成17年再建

    • 大徳寺 (方丈庭園) (法堂(はっとう)) (冬景色

      茶の湯や名庭で知られる大寺院
      1319年、のちに大燈国師の号を賜った宗峰妙超が建てた寺が大徳寺の始まり。当初は小規模だったが、1333年に後醍醐天皇から勅旨を賜り五山第一位の寺院になった。その後、足利義満に不遇の扱いをされ寂れていたところ、応仁の乱後に一休宗純が再興。堺の商人たちの援助を得て豪壮な堂宇を築いた。

  2. 洛中ルートコース

    観光シーズン 所要時間 オフシーズン 所要時間
    5時間 16,500円 4時間30分 14,500円
  3. ルート
    京都駅~三十三間堂~清水寺~知恩院~平安神宮~京都駅
    • 三十三間堂 (正面) (斜め) (手水舎

      1001体もの観音様に会える
      1164年、後白河上皇の勅願で平清盛が建立。三十三間堂の名は本堂内陣の柱間が33あることに由来。
      国宝の風神雷神像、1001体の観音様の前に立つと 荘厳な歌声が聞こえてくる様な厳かな空気に包まれます。

    • 清水寺 (春景色) (秋景色) (冬景色

      清水の舞台で有名
      東山連峰、音羽山の中腹に平安の昔より観音霊場として信仰され、懸崖に造られた本堂、舞台からの錦雲渓の美しさは絶景です。
      清水寺の開基は奈良時代末、大和の僧 延鎮が観音様を奉祀し798年坂上田村麻呂が始まり。お堂を建立したのが縁起。

    • 知恩院 (春景色) (秋景色) (ライトアップ

      知恩院は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山。詳名は華頂山知恩教院大谷寺。本尊は法然上人像および阿弥陀如来、開基は法然である。 浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。

    • 平安神宮 (ライトアップ) (春景色) (冬景色

      平安京をしのび、美しい社殿を愛でる
      平安遷都1100年祭(明治28)に際して氏神社として建立。
      桓武天皇と孝明天皇を祀っている・・・平安京大内裏の正庁を模した応天門、大極殿など朱塗りの建築が美しい。
      神苑内は四季花木が美しく、春の白虎池畔の紅枝垂桜など京都を代表する桜の名所。

  4. 洛北ルートコース

    観光シーズン 所要時間 オフシーズン 所要時間
    6時間 19,500円 5時間 16,500円
  5. ルート
    京都駅~平安神宮~南禅寺~銀閣寺~二条城~京都駅
    • 平安神宮 (ライトアップ) (春景色) (冬景色

      平安京をしのび、美しい社殿を愛でる
      平安遷都1100年祭(明治28)に際して氏神社として建立。
      桓武天皇と孝明天皇を祀っている・・・平安京大内裏の正庁を模した応天門、大極殿など朱塗りの建築が美しい。
      神苑内は四季花木が美しく、春の白虎池畔の紅枝垂桜など京都を代表する桜の名所。

    • 南禅寺 (春景色) (秋景色 琵琶湖疏水の水路閣) (冬景色

      徳川家の長寿を祈る庭
      南禅寺の数多い塔頭はどれも優れた庭を残している。小堀遠州作の「鶴亀の庭」という名庭は人々の心に迫るものがあり、崇伝の力を示す豪華な建物と庭園には見ごたえがあります。
      金地院崇伝、江戸時代初期 臨済宗の僧で徳川家康のもと、江戸幕府創立の基礎を確立した僧。

    • 銀閣寺(慈照寺) (新緑景色) (秋景色) (冬景色

      東山文化の真髄を今に伝える
      室町幕府八代将軍の足利義政が、祖父義満の北山殿(金閣寺)にならって1482年に建立した東山殿。
      北山文化の華やかな金閣寺に比べ、「わび」「さび」の東山文化。
      落ち着いた雰囲気の銀閣寺・・・風格添えた美しい名刹。

    • 二条城 (春景色) (お堀) (二の丸御殿

      梅、椿、桜の名所
      徳川家265年の京屋敷・・・
      何といっても襖絵は見応えがあり、3代家光が伏見城の遺構を移すなど華麗な桃山文化を見ることができる。小堀遠州作と伝える庭園、さまざまな色彩の石が豪壮な建築と見事に調和しています。

  6. 洛西ルートコース

    観光シーズン 所要時間 オフシーズン 所要時間
    4時間30分 14,500円 3時間30分 11,500円
  7. ルート
    京都駅~城南宮~平等院~醍醐三宝院~京都駅
    • 城南宮 (「春の山」の枝垂梅) (庭園のツツジ) (庭園の藤) (枝垂桜

      城南宮は、京都市伏見区にある神社である。式内社で、旧社格は府社。「方除の大社」として知られている。

    • 平等院 (春景色) (霧島ツツジ) (夕暮れの平等院鳳凰堂

      フジの花越しに見る鳳凰堂は平安貴族が夢見た極楽浄土
      源融より関白藤原道長が譲り受け、その子頼通が1052年寺院に・・・
      国宝阿弥陀堂(鳳凰堂)は翼を広げた鳳凰が舞い降りた時の姿と云われる。阿字池に鳳凰堂が影を落とし、太陽が沈む黄昏時には平安貴族が願った あこがれの極楽浄土宮殿の様相を現します。

    • 醍醐三宝院 (唐門(国宝)) (庭園

      三宝院(さんぼういん)は、真言宗醍醐派総本山醍醐寺の塔頭、大本山、門跡寺院である。また、真言宗系の修験道当山派を統括する本山であった(現在は修験道当山派なる宗教法人はない)。三宝院門跡は、醍醐寺座主を兼ね、真言宗醍醐派管長の猊座にある。

  8. 洛南ルートコース

    観光シーズン 所要時間 オフシーズン 所要時間
    4時間30分 14,500円 4時間 13,000円
  9. ルート
    京都駅~金閣寺~竜安寺~天龍寺~嵐山~京都駅
    • 金閣寺(鹿苑寺) (夏景色) (秋景色) (冬景色

      鏡湖池の金色の影を映す北山文化のシンボル
      南北朝を統一して 室町幕府を開いた足利義満が造営した北山殿、義満の法号にちなんで鹿苑寺と命名された。
      さん然と輝く金閣を中心に庭園、建築は極楽浄土を現世に現したといわれる・・・
      再々の災難にも見事な輝きを放っています。

    • 竜安寺 (春景色) (秋景色) (冬景色

      石庭で有名な禅苑の名刹
      白砂の中、15個の石群が印象的・・・
      正面の油土塀にさえぎられた空間が 無限に広がりをもつ様に見え、縁側の檜には、幾多の人がここで語りかけたかが分かり、静かに座ってみつめていると心洗われる思いになります。
      室町時代の武将、細川勝元が創建(1450年)、臨済宗妙心寺派の寺院。

    • 天龍寺 (春景色) (秋景色) (冬景色

      水墨画のような庭園
      室町時代には京都五山第一の風格を誇った。足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために建立。
      開山の夢窓疎石が築いた庭園は、嵐山を借景にした池泉回遊式庭園で、曹源池を中心に、州浜形の汀と鶴島、亀島を配し正面には鯉魚石を立てている。天龍寺の石組は、初の水墨画的表現とされる。

    • 嵐山 (新緑の季節) (春景色) (冬景色

      嵐山は京都を代表する景勝の地・・・
      春は桜 夏は納涼 秋は紅葉 冬は雪景色と、その風光明媚な地は多くの歌にも詠まれ、景観にかかせない渡月橋は、亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」ところから命名したものとか・・・